種類がある

事故を起こした車

債務整理とは、返済困難になった借金を法律家または裁判所を介して整理する制度です。 任意整理、特定調停、個人再生、自己破産の4つからなり、これらをまとめて債務整理と呼びます。手段によってそれぞれ整理方法が異なるため、債務者の状況に応じて取るべき手段は変わります。 債務整理の各種内容は以下のようになります。 任意整理は、法律家を介して債権者に借金減額の交渉を行います。 特定調停は、裁判所を介して債権者に自ら借金減額の交渉を行います。 個人再生は、借金を5分の1もしくは100万円のいずれか多い方まで圧縮します。 自己破産は、一部の財産と引き換えにすべての借金を免除します。 任意整理、特定調停、個人再生の目的は借金の減額と返済ですが、自己破産は返済義務の放棄ということになるでしょう。

債務整理を行う場合、手続きに対して債務整理費用が掛かります。 法律家を介する場合は法律家への報酬がかかるため割高になりますが、特定調停のように裁判所を介す場合はかなり安く済ませることが可能です。報酬は一様ではありませんが、クレジット・サラ金事件報酬基準によって費用が決定されるため、法外な費用を請求されることはありません。 ただし例外として、依頼者と協議し、審査部会からの認証を受け、所定の手続きをクリアした場合にはクレサラ報酬基準と異なる費用を請求することも可能としています。 よって、費用が気になる場合はクレサラ報酬基準について学んでおきましょう。また、その上で各法律事務所で費用を確認してみてください。